車を買うにあたってローンを利用する場合

車は高い買い物であり、例え中古車であるとしても、状態の良いものや人気の車種を買うとなると100万円以上の買い物となります。なかなか一度にポンと出せる金額ではなく、新車だけでなく中古車の購入でもローンを利用する方も多いです。

 

 

ただ、中古車の場合にはローンの金利が高くなるデメリットがあります。新車であれば車自体の価値が高いので金利を抑えられますが、中古車の場合には価値が下がるため、貸し付ける業者側の回収リスクが高くなります。そのために金利が高くなり、同じ車の購入であっても金利差が生まれるといった事態になってしまうのです。

 

中古車の購入でローンを使うのであれば、金利が高くなる販売店のローンではなく、銀行などの金融機関でのマイカーローンを利用すると良いです。銀行のマイカーローンなら新車も中古車も金利に違いはなく、有名な銀行のローンであればネットでの仮審査と郵送での契約で来店も不要となります。

 

新車も中古車も金利面で見ても販売店のローンよりも優れている場合が多いので、マイカーローンをなるべく安く利用したいと考える方は評判のマイカーローンで借りるようにすると良いでしょう。

 

マイカーローンはディーラーローンでいいのか

マイカーローンを組む時には、ほとんどの人がディーラーローンを利用しています。自動車を購入した店舗と提携しているマイカーローンをディーラーローンと言います。自動車購入の契約もローン契約も一緒に行えるので、手間がかかりません。

 

実は銀行などのマイカーローンと比べて金利は高めに設定されているのですが、それでもディーラーローンを選ぶ人は多いです。その理由の最たるものは手続きが簡単だからでしょう。逆に金利を抑える目的で、銀行のマイカーローンを選択する人も増えてきています。これは、インターネットの普及により、自分でローンを選択するメリットに気づいた人が多いのがその理由でしょう。

 

金利だけでディーラーローンを避けるべきではない

マイカーローンを組む時に何で比較をするのか、ズバリ支払総額です。金利が高くても低くても、返済期間や返済方式、諸経費によって支払総額が変わります。見た目のイメージにとらわれず、結局いくら払うのかで比較すべきです。

 

支払総額の面で言っても、やはりディーラーローンは高めに設定されています。ローンを銀行で組んだだけで、支払総額が数十万円変わるケースも頻繁にあります。しかし、金利や支払総額だけを見てディーラーローンを避けるべきではありません。金利が高いだけのメリットもいくつかあります。

 

ディーラーローンは手続きが楽

ディーラーローンを利用すれば、自動車の販売契約と同時にローン契約が結べます。当たり前にディーラーローンを利用している人にとっては想像しにくいかもしれませんが、別会社でローンを組むのは面倒です。

 

販売店とは別にローンの契約を結ばなければいけないですし、その為の時間も確保しなければなりません。自分の個人情報の申告なども販売店とローン会社に二重に手間がかかります。

 

ディーラーローンは審査に通りやすい

最近はローン関連の審査が厳しい傾向にあります。金利が低い銀行のマイカーローンも、審査に通らなければ何のメリットもありません。マイカーローンの審査が心配であれば、初めからディーラーローンに絞った方がいいかもしれません。

 

マイカーローンでは自動車の所有権がローン会社側にあるので、返済不能になった場合には自動車を売って返済に充てられます。回収しやすい分、審査にも通りやすくなります。

 

ディーラーローンは交渉がしやすい

ディーラーローンの方が、銀行のマイカーローンよりも交渉がしやすいです。例えば審査に落ちてしまった場合、ディーラーローンならばその場で頭金を増やす、車種のグレードを落とす、といった提案をしてもらえます。場合によっては本体価格の値引きという力技でローンを通す場合もあります。

 

こういった融通は、銀行のマイカーローンにはできない芸当です。

 

金利面で見れば劣るディーラーでのローンですが、金利を除けばメリットも多くあるのも事実です。ただ、やはりマイカーローンは金利を重視する方も多いので、ディーラーローンの金利の高さは不満が残ります。

 

特に金融機関のマイカーローンの存在を知らずに高い金利のディーラーローンを使ってしまっている方は、目の前に低い金利のローンがあるのに高い金利で返済を続けることに大きなストレスを抱えます。

 

それであれば高い金利から低い金利へ借り換えをするとよく、銀行のマイカーローンならマイカーローンの借り換え申し込みもできるようになっています。今よりも低金利で借りられる可能性があるので、まずはネットの仮審査を受けてください。